カテゴリー
ランキング
新着

教科別

出品者:Nakashima
校種・学年:高等学校
教科:数学・算数
(1)
100 

出品者:Nakashima
校種・学年:高等学校
教科:数学・算数
(1)
100 

出品者:あおい
校種・学年:専門学校
教科:一般教養、専門分野

大学や専門学校で音声学を教えるための教材です。国際音声字母 (IPA) の概略(特に子音の調音様式)を説明するときに使います。

(1)
390 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:その他、 ホームルーム(学級活動)

思いやる気持ちを妨げるコミュニケーション

どういったコミュニケーションが、思いやる気持ちを妨げてしまうのか

人は何かの考え、感情、行動などを他人やあたかもそれしか選択肢のないかのように

理由づけし、責任を回避しがちな傾向がある。

それは心からの訴えから遠ざかるコミュニケーションを生み、

ときに危険な状態をつくりだすことについて

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:その他、 ホームルーム(学級活動)

成長のため自分の立ち位置を知ることと「自己顕示欲の満足を目的にした比較(比較行為自体の目的化)」は違い、

冷たいコミュニケーションをつくっていってしまう具体的な事例について

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科: ホームルーム(学級活動)

「人を分類し裁くことが暴力につながる」

・道徳観の押しつけは、人を思いやるコミュニケーションの障害になる。

・自分が何に価値を感じているのかを率直に相手に伝える。ことについて

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科: ホームルーム(学級活動)

NVCの核心 4つのプロセス

1 観察(observation)

2 感情(feeling)

3 必要としていること(needs)

4 要求(request)

について

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科: ホームルーム(学級活動)

"エンパシー(共感)教育とは

・共感から始めるコミュニケーション

(他者の価値観、多様性を受けとめる。同時に、自分も共感をもって迎えてもらう)

・NVC(Non-Violent Communication)

非暴力コミュニケーション人を思いやるコミュニケーション

について"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"ものごとをさまざまな視点から観る

鳥の眼・・・全体を俯瞰

虫の眼・・・細部を細かく

魚の眼・・・時間変化に敏感に

について"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"全体性から考えるツールとしての“マインドマップ“

特徴や使用例・ルールについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"全体性から考えるツールとしての“親和図法“

(言葉の意味合いの親和性によってグループ化・図式化していくことで、

問題の所在や本質を明らかにするための情報整理方法の一つ)

親和図法とは何か

親和図法が役立つ場面

について"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

システム思考者の13の習慣(このパートでは後半の6つ)について

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

システム思考者の13の習慣(このパートでは前半の7つ)について

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"社会問題をシステム図にして俯瞰し、応用する

複雑な社会問題も、システム図で単純化できる。

システム図にすることで、何がおきているかを関係者で共有することができる。

システム図にすることで解決の糸口の対話がはじまる

ことについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"システム図から、状況をよくするレバレッジポイントを発見する

小さな力を加えると大きな変化がおきる点(ポイント)について"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"システム図の変形や応用

・システム図(ループ図)は、

基本、要素については名詞または体言止めで記入する

・しかし、システムを考える場合には、つぶやきや本音のセリフを使ったり、

名詞と動詞を混同して記入するなどがやりやすい場合は採用しても構わない

(図はあくまでツール)

・循環思考など似ている別の描き方もある。

ことについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"システム図の具体的な描き方

準備する

  ホワイトボード+付箋の組み合わせが

  最もシンプルで修正も容易。

  各要素や矢印を動かしやすい。

1.テーマを決める

2.要素を書き出す

3.要素の関連性をみる

4.因果関係を矢印で引く

5.相関関係やループの型を記入する

ことについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"ものごとを全体から観るためにシステムを図にする・システムは、図で表現することができる

 ループ図とも呼ばれます。

・原因と結果の間には正の相関、負の相関などの関係性がある。

・システムには、自己強化型とバランス型がある。

ことについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"ものごとの構造から観るための氷山モデルを考える意味

ものごとの表層だけ追っているだけでは真の問題解決にはならない。(症状だけ改善しても体質が変わらないとまた病気になる)

メンタルモデルは、習慣化した思い込みで体に染みついているため、本人は気づかないことが多い。(個人~地球レベルで)

構造やメンタルモデルがわかると、そこへのアプローチが抜本的解決へ導くことが多い

ことについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"なぜ、ものごとを全体から観るために時系列パターンを知ることが重要か

・システムはダイナミックに動くものが多い

(一見動かないものも長時間で変化している。たとえば道路や橋も長時間では傷んでいる)

・原因と結果の複雑な因果関係を知る上で、何が何に、どう影響を及ぼすかを

観察することでシステムを知ることになることについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"全体性から考えるシステム思考がなぜ必要か

・多様な価値観を持った人から構成される社会である。

 (ある人の利益がある人の害をおよぼす。しかもグローバルに。)

・先行きが不透明(今のままがいつまで続くかわからない)

・全体性(空間の広がり、物事の深堀、時間軸の延長)

で考える習慣が育っていないことについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"ものごとをシステムとして捉えることについて

システムとは(2つ以上の要素が、つながって相互に作用(関連)しあい

全体として目的やルールを有する集合体のこと)"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:全ての教科で使える

"教育現場で起きている、あるいは社会で起きている問題・現象・事案に対処するために、全体を観て判断・行動できるようにすること

そのために全体から観るためのツールを学ぶことについて"

500 

出品者:福島 毅
校種・学年:その他
教科:その他

"ミーティング設計の要素・ミーティング目的  決めることは何か

(ビジョンやコンセプトなのか実行プランか?)

・アジェンダづくり(主催者と協議)

・参加者の選択(属性、キャラクター) 人数

・会議時間や結論を出すリミット(時期)

・会議方法 会議手法

・会議場所

・事務的なこと(参加者招集、会議に必要な課題提示、資料準備)

について

"

500